労働問題での雑感

労働問題を扱う行政機関も様々な機関が
それぞれの役務の趣旨をもって運営されている。

その代表的機関に労働基準監督署がある。

労働基準監督署でもさまざまな行政機関との利便性で
競争に勝っていかないと淘汰されてしまう。

行政改革のもと一挙に淘汰されてしまうことはありうる。

やはり勝ちぬいていくには目立つ存在を維持するために、
スタンドプレーを行うことも必要な場合がある。

労働問題でも労働基準監督署では解決する見通しがたたないものは
司法の場で処理するように自ら勧めることもある。

都道府県労働局には「あっせん」という個別労使紛争解決制度がある。

仲にあっせんする立場で玄人がはいるにしても、
素人と素人との主張をまとめる制度なので、
法律的根拠と言うよりは最初から示談的雰囲気で
「現金額の支払い」の問題に入っていく場合が多い。

しかし、企業・労働者の立場からすれば安易に解決できる制度なので、
利便性は高いはずである。

しかし、企業も法律家に相談すれば、
「そんなもの参加することないよ」ということで拒否をする場合が多い。

「あっせん」の不成立で終了するケースは企業側の参加拒否が多い。

やはり積極的に参加した方が得策であろう。
私も数回程度企業側で「あっせん」参加したが、
司法の処理からすれば、きわめて楽な解決策で処理できる。

最近、労働の問題でマスコミをにぎわす問題が目立っている。

最近は大企業も中小企業も競争環境が厳しくなってきている。

企業内部では各種ハラスメントが横行し、
目先の利益の事が最重要課題になり、
企業内部の執行部では、人間は会社の利益をあげる道具と思い込んでしまう傾向が
自然にでてきているほど余裕がなくなっている傾向にある。

行政は各種ハラスメントの予防のガイドライン・指針を出している。

各種ハラスメントはそう簡単には解決しないであろう。

なぜなら、ハラスメント相談窓口になっている立場の管理職は
会社では中心的人物が配置されている。

中心的人物とは、概略個性の強い傾向にある。

そうすると、ハラスメントの相談を受ける窓口に立つ管理職そのものが
ハラスメントを発生させることが多くある。

この傾向が続くかぎりハラスメントは解決しない。

マスコミを労働問題でにぎわしている企業はその傾向が強い企業であろう。

数回、労災認定のことで企業と監督署とのあいだに入り
監督署の調査行動について交渉したことがある。

実際は労働基準法で労働基準監督署は調査権は与えられているはずである。
調査の方法については不満が残る場合がある。

会社は労働者の人生を破壊するほどの影響を与えたとしても、
人間的感情は感じられないほどの対応で処理しようとする場合が多くある。

最大の犠牲は労働者と言う名の「人間」である。

企業は所詮組織の生産性を高めて他社との競争に勝ち進み、
他社との差別化を進めていかねば生き残れることはできない。

やはりここで勝負どころは、
日頃から従業員の働く意欲がどれだけ高いかが
勝負のポイントであることは明白である。

日本経済の強身は終身雇用制度を基本にした
「従業員を大事にして育てていくと言う経営方法」は
日本のお家芸といえるほどの特化されたものであった。

この傾向は経済の国際化のもと消え去ってしまった。

大波に飲み込まれて、
渦のなかでもがき苦しんでいるような社会環境の労働問題のなかで
社会保険労務士の行動の活躍ぶりがあまり目にみえてこない。

眼に見える必要はないかもしれないが、
「もがき苦しんでいる」社会環境のなかで、
地道に労働問題のまっとうな指針を与えていく作業が、
社会底辺に根付かせることは、社会保険労務士での作業にしたいものである。

2 Responses to “労働問題での雑感”

  1. 柳川さん より:

    立花先生のブログを拝見し支えられてきました。
    私も会社との係争で、もうかれこれ2年にもなって、ようやく先程こちら側の請求ほぼ100%を支払うという形で和解となりました。
    私に付いて下さった弁護士さんも優秀な方だったのですが、何よりも法律が労働者の味方だったのが凄い印象です。
    「労働弱者」とはよく聞きますが、法律は労働者を強者にしてます。
    係争中は本当に私は「無双」でしたよ(笑)にっくき社長をコテンパンにやっちゃいました。
    私のように弁護士さんにお願いするのも有りですが、立花先生が推奨するような自己弁護は、おおいに有りだと思います。ただ立花先生のようなアドバイザーは絶対に必要です。

    • 立花英雄 より:

      柳川様
      ブログをいつも読んで頂いてありがとうございます。
      良き弁護士さんに援助をいただいてよかったですね。
      いつなにが起きるかわからないのが人生ですから、
      紛争にかぎらず、知識と知恵だけはいつも蓄えていく努力が
      必要かと思われます。
      今後ともよろしくお願い申し上げます。

      社会保険労務士 立花英雄

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ